ここを参考に!まつげエクステ商材情報サイト

ホーム > まつげエクステ情報 > まつげエクステの商材となる9mmの特徴

まつげエクステの商材となる9mmの特徴

化粧は女性にとって昔から取り入れられている美容方法の1つですが、最近では多くの人が利用するアイテムとしてまつげエクステがあります。
つけまつげと呼ばれるアイテムであり、利用することで目元のまつげを増やすことができより魅力的な目元にすることが可能です。
そのため多くの女性が愛用していますが、その中でも商材の種類として9mmの長さが一般的に多くあります。
9mmタイプのエクステの特徴として、自分のまつげとほぼ同じ長さの物になります。
そのため使用した際に、自然に自分のまつげを増やす効果が得られます。
使い方としては自分のまつげの中で毛量が少ない箇所や、毛量を増やしたい箇所に使用することで自然とボリュームのあるまつげにすることができます。
また生え際などに濃さを持たせることができ、はっきりりとした目元にすることができます。
そのため化粧の1つであるアイラインの効果を引き立たせる効果も得られます。



まつげエクステの商材となる11mmの特徴

昔のつけまつげのイメージとしては、毛量がが多く長さもとても長いという特徴がありました。
そのため普段の化粧で使用してしまうと、かなり目元が濃くなりボリュームのある状態になってしまいます。
そのため昔のつけまつげは普段使いにはされないことが多かったです。
ですが最近のまつげエクステの商材には、まつげの毛量だけでなく様々な長さの種類も販売されているのでとても便利になっています。
その中の1つの種類となるのが、11mmタイプになります。
まつげエクステを使用したい場面として仕事やプライベート以外に結婚式といった特別な場所への出席などがありますが、どんな場面でも自然に使用できるのが11mmタイプになります。
自分のまつげの中で毛量が足りない部分に補充するように使用することで、より自然なまつげにすることができます。
また11mmの長さがあるのでしっかりボリュームのあるまつげにできますが、かといって不自然さもない長さなどで一般的に人気のあるタイプの1つになります。



まつげエクステの商材となる15mmの特徴

まつげエクステを使用する女性は多くいますが、昔に比べて普段の生活の中で使用することが増えてきています。
普段のプライベートな時間だけでなく、仕事でも愛用する事ができより自然に毛量のあるまつげにすることが可能です。
実際に販売されている商材の種類としてエクステには様々な長さがあり、その中の1つとして15mmタイプがあります。
一般的によく使用される9mmタイプや11mmタイプに比べて、より長さが強調されたタイプになります。
そのためまつげ全体に使用していまうと、毛量だけでなく全体的に長くなるのでかなりボリュームがあり特徴的な目元になることが多いです。
結婚式やパーティーといった華やかな場所への出席であれば、よりインパクトのある目元にする事ができます。
ただし付け過ぎると重く見えすぎてしまうので、ワンポイントとして使用することでゴージャス感をだしつつより自然なまつげにすることができます。

次の記事へ